ある日聞いた女性の一言から 3 – 精神を蝕む「ペナルティスト」

ある日聞いた女性の一言から 3 – 精神を蝕む「ペナルティスト」

日本の職場の多くは、作業において完璧さが求められている。

わかりやすいのが電車時刻。

時刻ぴったりに到着して、それが「当たり前」。

数分ずれるようであれば「ご迷惑をおかけしております。」

それに対して、続けて「申し訳ございません」ってきちんと謝罪しろと言う人もいたり。。

 

 

例えば99%は問題なくても、1%のミスで、それが「減点対象」になる。

99%は問題ないことを決して評価されることはない。

たった1%のミスでも、極端にいえばそれが「減点」。リーダーや指導する立場の人間は、

 

「彼女のためを思って」

 

強く減点する。

リーダーという名の減点主義者のことを「ペナルティスト」とこのブログでは呼びます。

 

彼女はそのペナルティストから、毎日減点されることに怯えています。

作業のマニュアルを完璧になぞり、そのやり方には口を挟むこともせず、毎日ひたすら「完璧」に

作業します。

 

ちょっとのミスでも、彼女のためを思うペナルティストから、強くペナルティ・減点をされます。

 

リーダーも彼女も、それが当たり前なんです。

 

何かをすれば減点される対象になる。だからどんどん萎縮する。

もし何かミスを犯せば、減点されるから隠します。

 

例えばそういう職場の共通点として、

1)オフィス内が静かである

2)コミュニケーションがない

3)なにかにビクビクしている、怯えている空気がある

というものがあります。

減点主義者は、常に「組織のために」減点対象を探しています。だから常にイライラしています。

減点主義者は、減点されないためにどんどん萎縮していきます。

 

減点主義者には大きく2パターンあります。

一つは他者減点主義者、もう一つは自己減点主義者。

 

両方ともに、一人の中にまじりあっていることが多いです。

 

その2社の関係性が、大げさにいえば日本の組織の縮図になっています。

・マゾヒスティックな組織

唐突にシグルイですけど。

 

減点主義の企業では、メンバーを罰則する=減点することが仕事。減点がコーチングでありリーダーシップである。

恐ろしいことに、減点が本人のためであり、本人の成長を促すと無意識に信じています。

 

常に減点の目にさらされているので、彼女は毎朝、事故にあいたいと願うようになりました。

 

人が不幸になる、息苦しくなる原因がこの

 

「ペナルティズム:減点主義」

 

自他ともに減点するペナルティスト:減点主義者

 

が根本的な問題であるということに気づくまで、少々時間が必要でした。

 

減点主義者-ペナルティストカテゴリの最新記事