加点主義は失敗=減点ではない

加点主義は失敗=減点ではない

失敗したら減点

ドラゴン桜より

減点主義者が最も恐れることが「失敗」です。

「失敗」がいやおうなく「減点」されてしまうからです。

とくにそれが子どもであれば、失敗させたくないから否定してしまうのは当然です。

とにかく失敗を回避し、安定を得ようと考えます。

ドラゴン桜より

 

真面目な親御さんほど、自分の子どもを失敗させたくないあまりに、減点されないように守ろうとします。現状の環境が、いわば強烈な減点主義社会であることを無意識に知っているので、なんとか失敗させないようにと考えます。

こどもの能力を制限するような言葉、行動をしてしまっても、減点主義者が最も恐れる「減点」から回避しようとします。

 

ドラゴン桜より

加点主義に「失敗」「減点」はなし

ドラゴン桜より

容易されたマニュアルにそって、それを失敗することなく行うことが、いままでの減点主義社会では「成功」でした。ミスなく行うことが成功、失敗=減点でありました。

しかし、減点主義では、常に減点されるのではないかという恐怖、失敗・ミスをしてしまうのではと萎縮し、つねに息苦しさを伴いながら生活することになります。

自他ともに監視し、だれかが先に失敗してくれれば少し楽になる。

だれかの目をいつも気にしてビクビクしてしまう。

だれかから「減点」されるのではないかと萎縮している。

それはすべて「減点主義」であったから。加点主義は、自他ともに監視し合うことをなくし、自分のやりたいこと、こどものやりたいことがなにか、それを素直に表現できる考えです。

まず自分の感じていた恐れ、萎縮の原因が減点主義からきていると感じることで、生活にも変化がおとずれます。

 

 

加点主義者-アディショナリストカテゴリの最新記事